スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

講師としてのスタンス、どうですか?

こんにちは!

幸導塾 主宰 平井妙子です。



今回の記事は、『講師としてのスタンス』についてです。



まずは質問です!


チェック



□ プライベートでなにかあると影響されやすい

□ 授業中、思わぬ質問に動揺してしまう

□ いつも緊張する

□ 講座に集中できない

□ 自分の状態を作ることが難しい

□ 感情を乗せて話す、という意味が分からない

□ 淡々と講義をしている

□ 気分によって話し方が変わる



いかがですか?

ひとつでもチェックがあれば、『ステートマネージメント』を意識する必要があります。

講師としてのスタンスとして大切なこと、

それは、『ステートマネージメント』。

これは、『講師としての自分の心の状態管理』のことを言います。


教室



講師といえども、

普通に生きている一人の人間としては、

色々なことが日々起こります。

嬉しこと、悲しいこと、、、、。

しかし、

だからと言って、

気分で授業していてはなりません。

かといって、

冷静に淡々と粛々としていても、

伝わるものも伝わりません。



感情を乗せるのは、講座の内容、話す言葉に。

プライベートの感情は授業には一切関係ありません。


舞台俳優や芸人さんがよく云いますよね。


どんなことがあっても、

それを舞台の上に出さない。




それと、

講師は同じだと私は考えています。

どんな授業でも、

参加者、受講生は、

時間とお金を投資しています。


舞台も講座も同じなのです!



私は、心理学や女優メソッドから、

この『ステートマネージメント』の重要性を学びました。

瞬時にそれが出来て、

『プロ講師』

と言えるでしょう。



次回は上記の質問に対して、

少し掘り下げて書いてみたいと思います。


今日もお読み下さりありがとうございました。




★FBページはコチラ→www.facebook.com/growkoushikai
スポンサーサイト

Tag:ステートマネージメント コミュニティ 指導 カウンセラー コーチ 先生 講師 セミナー講師

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。